« November 2005 | Main | January 2006 »

12/31/2005

S端子でテレビに出力

最近のPCのビデオカードでは大半のものがテレビ出力用の端子がついているようになってきました。(S端子出力とか、D端子出力とか。)
うちのビデオカードにもS端子出力がついており、解像度が若干落ちるものの、PCの画面を同時にテレビの方にも出力可能となっております。

最近は、セガゲーム本舗でメガドライブのゲームをプレイする時、昔のインターレースタイプのテレビの方に出力してそっちでプレイしてますが、やっぱりPCの液晶ディスプレイでプレイするよりも、昔のインターレースタイプのテレビでプレイした方が、メガドライブ実機でプレイしてた時の画質に近いですね。

PCの液晶ディスプレイだと、セガゲーム本舗のデフォルトのモードでプレイすると、画質がシャープすぎてドットのギザギザが結構目立ってしまいます。(慣れるとそんな気にはならないですが。)
「特殊モード」というのもありますが、こっちは画面全体をにじませた感じで、ドットのギザギザが目立たなくなるものの、ちょっとぼけたような絵になってしまいます。

セガゲーム本舗のデフォルトモードで、インターレースタイプのテレビにS端子接続で出力すると、ドットのギザギザがあまり目立たなく、それでいてぼけすぎてない画像でゲームが楽しめます。

2Dタイプのゲームは、インターレースタイプ特有のスキャンラインが入っている方が、なんだかより「らしい」と感じてしまうのは、自分が古いタイプの人間なんだからでしょうかね?

| | Comments (0)

12/26/2005

ジャンプ4・5合併号感想

ジャンプ4・5合併号感想

<ブリーチ>
キャラ人気投票結果発表。
主役が一位ってのは最近の人気投票では珍しい結果かも。
(と思ったら、票数的に二位とほぼ同じとは・・・。)
砕蜂は16位のようです。

<ムヒョ>
いい感じでストーリーが二転三転してます。
それまで平然としていたペイジのおっさんのあわてぶりが良かった。

<銀魂>
すき焼の攻防が熱かった。

<読みきり・氷姫>
ツンデレの亜流?

<タカヤ>
扉絵のヒロインの体形に違和感が。
一晃の扱いのひどさに笑った。
でもどうせ鍛えて復活するんでしょう。
トドロキもありえない程一瞬で復活した事だし。
タカヤが勝つのはわかりきっている事だけど、それでもいかに読者を楽しませるかがプロの漫画家としての腕のみせどころかと。
なんのひねりもなくこのまま勝つだけってのは勘弁。

<デスノート>
この漫画はなんだか最近はセリフを読んでるだけですごい疲れる・・・。
設定上の矛盾を出さないための説明ゼリフに余計に文字を使ってるような・・・。

<みえるひと>
敵キャラぞくぞくと投入。
この調子だと最低でも2月頃くらいまでは連載は持つかも。
良かった。
でも正直バトルの連続はちと面白みにかけるかも。
ハセのモデルのネコ耳(というかキツネ耳)キャラは、どの読者へのアピールやら。

<たい臓>
扉絵はドラゴンボールのパロディであり、かつドラゴンボールの影響を受けてるタカヤのパロディ?
(二人の服装を足して2で割ったらタカヤの服になってるし。)
最近順位が悪いですが、この漫画はギャグ分としてはジャンプに残って欲しいんですがね。

| | Comments (0)

エマにすっかりはまる

森薫の漫画「エマ」1巻~6巻を購入。

エマ (1)

メイドはそんな好きではないし、メガネキャラは自分のツボではない(ガウガウわー太の委員長は良かったけど・・・)のに、この漫画にすっかりはまってしまいました。

漫画の内容は、古きよきイギリスを舞台とした貴族のウィリアムとメイドのエマの恋物語。
身分違いの恋のため色々な障害があるけど、そこがまた燃えるというか。

人物像や舞台描写などが細かく丁寧に描かれており、漫画を読んでるというより、どこか映画を観ているような感じ。
(いい意味で漫画らしい部分も残っていますが。)

人物の細かい仕草を数コマにわたって描いているシーンも多々あり、そのおかげでキャラにより深みを与えているというか。
(エマが髪をおろすシーンとか、エマがメガネをとるシーンとか、子供時代のエマとかが個人的にツボにはまった)

エマもそうなんですが、それ以外に登場するキャラもなんか愛すべきキャラが多いですね。

主役のウィリアムが疲れきって前髪をたらすシーンは結構女性の心を掴みそうだなぁとか 、ウィリアムの親友であるインド人の富豪ハキム(結構いいやつ)の目つきが色っぽかったり、ウィリアムの弟のコリンが絵をもって兄を待ってるシーンがやけにほほえましかったり、ウィリアムの婚約者のエレノアがかわいいのに不憫だったりと、自分の琴線に触れるシーンが多いです。


物語にしても、4、5巻は特に盛り上がりがすごかったため、読み終わった後で速攻で読み返してしまいましたよ。
あのシーンは本当にたまらなかったです。


巻末の腰砕け的なあとがき漫画もわりと個人的に好感度が高いです。
(どことなく作者さんが「神聖モテモテ王国」を好きそうなのは気のせい?)

「メイド」というと最近はあんまいいイメージではないと思いますが(「メイド喫茶」とかねぇ・・・)、この漫画は普通の恋愛もの漫画としておすすめだと思いますよ。

| | Comments (0)

12/24/2005

植芝理一 夢使い TVアニメ化

今月号のアフタヌーンによると、アフタヌーンで連載されていた植芝理一さんの「夢使い」がTVアニメーション化されるとの事。
最近アクセス解析を見ると、やけに「夢使い アニメ化」というキーワードで飛んでくる人が多いなぁと思っていたら、まさかこの作品がアニメ化されるとは・・・。
アフタに載ってる絵を見る限り、キャラクターデザインもわりと不満ない感じです。

TVアニメ化にあわせて夢使いだけでなく、 ディスコミュニケーションおよびディスコミュニケーション精霊編 も再生産されてるようです。

「ディスコミュニケーション精霊編」については、昨今の事件的にきわどい描写があるのが「大丈夫かいな?」と思わないでもないですが・・・。
(本筋自体、小学生の女の子が担任の男の教師に恋をし、教師の方もいつの間にかその女の子に惹かれてしまうというアブノーマルな感じだし。)

ディスコミュニケーションは個人的に好きなエピソードが多い漫画なので、夢使いアニメ化にあわせてこの作品の方も日が当たるという事は嬉しい事だと思います。

アフタつながりで、「もっけ」もTVアニメーション化してくれませんかね・・・。

| | Comments (0)

カプコンゲームオンデマンド開始

カプコンのゲームがネット経由でプレイできる「カプコンゲームオンデマンド」が開始されましたが・・・。

システム的にはプログラムをPCにダウンロードするのでなく、カプコン側の用意したサーバーでプログラムの処理を行い、絵や音をストリーミングで配信するといった感じです。

これだと、プレイヤー側のPCの性能を気にしなくていい反面、遅延などの発生が危惧されてましたが・・・。
やっぱりというか、うちのADSLでバイオハザード3の体験版をプレイしてみると、画像や音が度々コマ送り状態になってしまい、正直ゲームに集中できません。
フレームレート自体PS版より低いような。
こりゃ光前提ですかね。
「高解像度モード」にしても画面が粗いのは、バイオ3がPS版だからなのか、それとも2Dゲームでも同じように汚い画面なのか・・・。

今週のファミ通によると、今後の配信予定に、「キャプテンコマンドー」「ザ・キングオブドラゴンズ」「サイバーボッツ」「ストライダー飛竜」「ナイツオブザラウンド」「バース」「パワードギア」「ブラックドラゴン(!!)」「マジックソード」が入っているとの事。

現在はタイトル数が少ないけど、タイトル数がそろってくると「1500円で全タイトル1ヶ月プレイし放題(ただし月100時間まで)」ってのはそこそこコストパフォーマンスがいいかも。

これで画面がそこそこ綺麗でコマ落ちがなければ結構利用すると思いますが。

昔のアーケードゲームもどんどん追加していって欲しいです。

| | Comments (0)

12/22/2005

「道士郎でござる」打ち切り

サンデーで連載している「道士郎でござる」が突然の打ち切りです。

1話から最新話まで、毎回毎回楽しんで読んできてただけに、突然の打ち切りは残念です。
そんなに人気が無かったんでしょうかね?
自分的にはめちゃくちゃ面白い漫画だったんですが。

キャラがきちんと立っていただけに、道士郎や道士郎の兄、早乙女などのエピソードをもっともっと読みたかったですね。
約80話で終わってしまうというのは物足りない気がします。

しかし、ジャンプで「みえるひと」がもう少し続きそうなので「良かったなぁ」と思っていたら、まさかサンデーで楽しみにしていた「道士郎でござる」が打ち切りを喰らうとは・・・。

| | Comments (0)

12/19/2005

ジャンプ3号感想

ジャンプ3号感想

<ディーグレイマン>
ようやく再開。
なんか再開前と画の雰囲気(トーンの雰囲気とか)がちょっとだけ変わってるような気がしないでもないです。

<銀魂>
時期ネタという事でクリスマスを題材にしたネタ。
面白かったです。

<タカヤ>
一晃やられるの早すぎ・・・。
たった一撃(しかもわけのわからない技)で倒れられてもなぁ・・・。
もう1,2週ひっぱった方が良かったのでは?
オリジナリティを出すのは難しいのはわかりますが、ただ、それならそれでもうちょい丁寧に物語を作っていった方がいいと思います。

<べしゃり暮らし>
元相棒の人が、なんか次長課長の人っぽい感じですね。

<もて王>
こっちもクリスマスネタ。
ただ、正直最近はジョジョネタはもうお腹いっぱいな感じがします。
今の子にとってはわけわからないだろうしなぁ。

<みえるひと>
読者受けを狙ってか、ひめのの瞳の描き方が変わってきました。
ハセ編が終わったばかりなのに、次のエピソードも早くもヒートアップしてきそうです。
次号予告が「次号、明らかになる”人間願望”の正体!!そして下水道にせまる、あの男!?」との事ですが、「あの男」って誰の事なんでしょう?

<読みきり ビッグバン>
作者はうすたさんの作品が好きなんでしょうねぇ・・・。

| | Comments (0)

ミッドナイトレジスタンス

セガゲーム本舗の全タイトルプレイし放題キャンペーンで、いろいろアクション系やシューティング系ゲームを楽しんでます。

エイリアンソルジャーとダイナマイトヘッディーは、PS2で2006年2月23日に発売されるガンスターヒーローズ・エイリアンソルジャー・ダイナマイトヘッディーの3本がセットになった ガンスターヒーローズ ~トレジャーボックス のためにあえてプレイしてません。
そのため、エイリアンソルジャーは未だにプレイした事がありません。
ダイナマイトヘッディーはゲームギア版はプレイした事がありますが、メガドラ版は未プレイのままです。
どっちも当時は評価が高かったようで、PS2版でプレイする日が来るのが楽しみです。
 

ファイナルファイト系ベルトアクションゲームのベアナックルは、1,2,3と遊んでいくと、順当に進化していってるのがわかります。
このゲーム、音楽はたしか古代祐三さんですよね。

ゴールデンアックスは、逆に1,2,3と進むにつれて、なんか退化していってるような・・・。

モンスターレアは昔セガゲーム本舗を利用した時もプレイしたのですが、やっぱり懐かしくてまたプレイしました。
このゲームは、昔健康ランドに家族で行った度にアーケード版をプレイしまくった思い出があります。
メガドラ版はアーケード版と比べて、まぁグラフィックの感じが変わってしまってますが。
(できれば、いつかアーケード版をプレイできる日がくればなぁ・・・。)
 
シルキーリップは当時メガドライブFANで紹介された時は、「うわぁ、狙いすぎだなぁ。」と思いましたが、今回初めてオープニングを観たら、やっぱり狙いすぎだなぁと思いました。
なんかアドベンチャーっぽいので時間がかかりそうで、結局オープニングしか見てませんが。

で、今とくにはまっているのがミッドナイトレジスタンスです。
自分の好きなスーパーコントラ(FC)系のアクションゲームで、「敵に当たったり、弾をくらうと即死」「8方向への撃ち分け」「攻撃方向の固定」などが楽しめます。
ゲームバランスもほどほどに難しめに調整されており、難所をノーミスでくぐり抜けられた時の達成感が気持ちいいです。

| | Comments (0)

12/17/2005

映像だけでなくゲームも

「P-TV」というサイトではPSP向けの映像が視聴制限期間付きで1番組数百円でダウンロードできるようですが、これのゲーム版も是非作って欲しいですね。

例えば昔のアーケードゲームがPSPにダウンロード可能(価格は1タイトル1週間プレイし放題で210円とか)となったら、結構需要があると思いますが。

自分はまだPSPは購入していないのですが、こういうサービスが始まったらPSPの購入意欲がかなり高まります。
ソフトウェアメーカー各社にとっても継続した収入が得られるようになるのではないでしょうか。

PSPだと、持ちにくいだろうけど縦シューとかは画面を90度回転してプレイ可能だろうし。

ソニーからメーカーへ呼びかけるのでもいいし、メーカーからソニー側へ提案でもいいので、是非実現して欲しいと思います。

| | Comments (0)

12/15/2005

黄金の城がきましたよ

バンダイから来年の3月頃に「Let's TVプレイ classic」という昔のアーケードゲームを収録した製品(ソフトとアダプターをテレビにつなぐとゲームができる機械)が出るのですが、そのラインナップのなかになんと「黄金の城」と「影の伝説」をセットにした商品があるとの事。
黄金の城がついに再プレイできる日がきましたよ。
 
しかもオリジナル版だけでなくアレンジ版も楽しめるとの事です。
 
知り合いに画像付のカタログを見せてもらいましたが、黄金の城のアレンジ版ではなんか別のキャラ(弓を使う女性キャラ)が使えるようです。

影の伝説のアレンジ版画像では、なんか白いイヌみたいのがプレイヤーキャラのようで、火を吹いてます。 

ちなみに他の商品のアレンジ版は・・・

ゼビウス・・・なんか背景グラフィックが変わってる。
マッピー・・・アレンジ版はブロックみたいのが宙に浮かんでます。

ドラゴンバスター・・・三首ドラゴンってオリジナル版にいましたっけ?
ギャプラス・・・これはオリジナルとの違いがよくわからんです。

奇々怪々・・・別のキャラ(坊さん)が使えるようです。三方向にショットを撃ってる?
スラップファイト・・・このゲームはオリジナル版をプレイした事がないので違いがよくわかりません。

ちなみにアレンジ版のグラフィックは今風ではなく、わりとオリジナル版に近い(悪く言うと若干チープ)な感じです。
「当時のグラフィックテイストを残しつつ、全く新しいオリジナルゲーム」との事です。

Let's TVプレイ classicの接続端子は黄・赤・白のコンポジット接続なのですが、できればS端子接続のやつも是非出して欲しいですね。

| | Comments (0)

12/12/2005

当選してた・・・

セガゲーム本舗でユーザー登録していれば175名にソフトやらXBOX360本体が当たるキャンペーンがやっているのだけど、自分も一応抽選に応募していたものの、「どうせ当たるわけがない」と思ってました。
(今までこういう抽選で当たったためしがないので。)

で、現時点で第5回までの当選者発表が行われていたので見てみたところ、なんかちゃっかり当選していたようです。
しかも当選した賞品が、今回用意された中ではXBOX360の次に欲しかったやつですよ。

127タイトルプレイし放題といい、プレゼント当選といい、セガゲーム本舗様々です。

当の127タイトルプレイし放題については、アクションやシューティングをいろいろプレイしまくってます。
メガドライブのアクションゲームは面白いやつが多いですね。

最近はカルトな人気を得た「チェルノブ」が特にお気に入りだったりします。
やられた時のリアクションの変さとか、奇妙なグラフィック・世界観とか、心に残る音楽とかがなんかクセになります。
根幹となるアクション要素や敵の配置もきちんと練られていて、純粋にアクションゲームとしても面白いし。
メガドラ版はゲーセン版とは若干グラフィックの雰囲気が変わってますね。

| | Comments (0)

ジャンプ2号感想

ジャンプ2号感想

<ムヒョとロージー>
キャラ人気投票開始。
今井裁判官は何位になるんでしょうね。

<ワンピース>
ニコ・ロビンはあんま好きじゃないキャラだけど、子供時代のやつはわりと好感が持てるかも。

<アイシールド>
勝利したけど、勝つ事がほぼわかりきっていただけに、正直感慨がないですね。

<銀魂>
いつものギャグありの銀魂に戻っていて良かったです。

<タカヤ>
アマゾンでの1巻のカスタマーレビューがどんどん面白い事になってきてます。
1点(最低点)と5点(満点)が交互に応酬されていて・・・。

<読みきり・FALLEN  樹崎聖>
あの「樹崎聖」ですよ。
若い人は知らないでしょうが、この人はもう10数年以上も前にジャンプで「ff(フォルテッシモ)」でデビューして、「ハードラック」とか「とびっきり」という作品をジャンプで連載するも、どっちもあんま人気なく打ち切りを喰らってしまいました。
当時連載で人気を獲得した漫画家ならともかく、打ち切りを連続して喰らってジャンプから消えて青年誌で活躍の場を移した漫画家さんが、10数年も経った今更読みきりで帰ってくるというのがなんとも不思議です。
絵については当時とはだいぶ変わってしまいましたね。
さすがに新人漫画家とは違って、わりと読める内容の漫画だと思います。
ただ、何が原因かは具体的に説明できないのですが、時々漫画を読んでいてまるで新人が描いてるような『未熟感』を感じる時が何回もありました。
(この人、漫画家歴はかなり長いはずなんですが。)
樹崎聖を知らない今の読者からすれば、「10代、20代の新人漫画家のうちの一人」って勘違いされるんじゃないでしょうかね。

<みえるひと>
打ち切りが決まっているなら、次のエピソードに突入せず、話をしめる方向に持っていくと思うんですがね。
普通に次のエピソードに突入したって事は 、もしかして「祝、連載継続決定!!」ってやつなのでしょうか。
コミックス1巻はめちゃくちゃ馬鹿売れというわけではないですが、わりと売れていってるようです。
うちの近所でも本屋のコミック担当がわりと力をいれたのか、みえるひとの1巻が初日に結構仕入れて平積みになっていたのですが、初日の夜のぞいたら結構の量が売れてしまっていたようです。

| | Comments (0)

12/10/2005

メガドライブのゲームがプレイし放題

少し前に利用したばかりのセガゲーム本舗。
久しぶりにのぞいたら、なんと12月1日~12月31日まで、1000円払えば127タイトル全部(!)がプレイし放題のキャンペーンが始まってました。

さっそくまたwebマネーで1000円払って、今月の利用権を購入。
(しかし、ネットバンクを持っていれば、webマネーが自宅のPCから手数料無しですぐに買えるってのは便利でいいですね。)


やりたいソフトがいろいろあり、こりゃ、年末までメガドライブゲーム三昧になりそうです。
セガからのとんだクリスマスプレゼントです。
 
GBAのガンスタースーパーヒーローズをプレイした人で、前作のガンスターヒーローズを未プレイの人は、この機会にセガゲーム本舗でプレイしてみてはどうでしょうか?
(1000円で、「ガンスターヒーローズ+残りの126タイトル」が12月31日までプレイし放題なので、恐ろしいほどコストパフォーマンスがよろしいかと。)
 

しかし、タイトルがかなり増えてきたとはいえ、コナミのメガドラ版コントラやドラキュラはまだラインナップには入っていないんですよね。
これらのゲームもいつかはセガゲーム本舗でプレイできるようになると嬉しいんですが。

| | Comments (0)

カプコンのアーケードゲームも

海外版xbox・PS2用ソフトとして、カプコンの80年代・90年代のアーケードゲームを多数収録したカプコンクラシックコレクション というのが発売されてますが、どうやら国内PS2用でも発売されるようです。

海外版xbox、PS2用に収録されているタイトルは

1942
★1943
1943改
★トップシークレット
エグゼドエグゼス
バルガス
★ソンソン
ガンスモーク
★戦場の狼
★戦場の狼II
★ファイナルファイト
セクションZ
★魔界村
★大魔界村
SFC超魔界村
アレスの翼
★フォゴットンワールド
ひげ丸
★ストリートファイターII
★ストリートファイターII ダッシュ
ストIIターボ
★戦いの挽歌

となってます。
★マークがついたやつはめちゃくちゃ再プレイしたかったソフトですよ。
(ファイナルファイトはX68000版を未だに持ってるけど)

まさか、国内PS2版ではタイトルが削られるなんてオチはないでしょうね。

このまま登場してくれるなら、タイトーメモリーズ に匹敵するくらいコストパフォーマンスに優れたソフトとなりそうです。

アイレムやコナミも面白いアーケードゲームを数多く持っているので、こういったソフトを出して欲しいんですがね。

ナムコは「ナムコミュージアムアーケード」の第1弾のラインナップは個人的にイマイチでしたが、第2弾以降のラインナップに期待しています。

| | Comments (0)

12/05/2005

ジャンプ1号感想

ジャンプ1号感想

<デスノート>
連載2周年という事で、久しぶりの表紙です。
あいかわらず美麗なカラーで素晴らしいです。

<銀魂>
やっぱり銀魂はギャグがあってこそですね。
来週からはいつものギャグありの銀魂に戻って欲しいです。

<ネウロ>
吾代がいい味を出してます。

<読みきり・破天荒>
またすごい読みきりが掲載されましたね・・・。
前作は編集部がプッシュするわりには絵もストーリーもいまいちすぎでしたが、今回は作者の成長を感じさせるどころか、「逆にさらに退化してるんじゃないの?」と思うくらい、絵もストーリーもつきぬけてひどいです。
まるで中学生がいきあたりばったりで1ページずつ描いていったようなキャラクター・ストーリー展開・設定に加え、画力の低さも加わって、ここ最近ジャンプに掲載された新人の読みきり作品の中では1,2を争うくらい最低レベルの作品になってるんじゃないでしょうか。
よくジャンプ編集部はここまでレベルの低い作品を50ページにもわたって掲載しようと思ったもんですね。
編集会議とかしなかったんでしょうか?
仮にも売り上げNo.1の漫画雑誌で、ここまでレベルの低い作品が普通に掲載されているという事に、別の意味でしびれましたよ。
背景の直線物も定規をつかわずにフリーハンドで描いてるようで、そのへろへろ感も素晴らしいし。

しかし、ここまで突き抜けてレベルが低いと、後々伝説の漫画(および伝説の漫画家)として語りつがれるかもしれません。

<タカヤ>
「背景をいかに描かないようにするか」を考えたコマ割や構図ばっかりで単調ですね。
しかし、アマゾンでのコミック1巻のカスタマーレビューであまりにも叩かれまくっているのは、タカヤを「いまいち面白くないなぁ」と思って読んでる自分でも、ちょっと作者さんが可哀想に思ったり。
あそこまでひどい意見ばっかりという作品もめずらしいです。
あれ読んだら、アマゾンでタカヤを買おうと思う人はいないんじゃないでしょうか。

<両さん>
なんかボルボのじっちゃん久しぶりですね。
あいかわらず馬鹿な事してるのに笑ってしまいました。

<みえるひと>
形態変化後のハセは正直自分的にはイマイチなデザインで、今週の冒頭はテンション低めで読んでいたのですが、中盤のあれでテンションが一気に上がってしまいましたよ。

| | Comments (0)

ゲームの事あれこれ

ゲームの事あれこれ

**************************

●SIRENを今さら購入●

前からプレイしたかったPS2のホラーアドベンチャー「SIREN」を購入。

で、実際にプレイしてみたところ、序盤の3,4シナリオをプレイした現時点での評価は正直「面白い」とか「怖い」とか以前に、「面倒くさい」「かったるい」という気持ちが強いです。

できるだけ敵に見つからないように移動する必要がありますが、移動時の視界がせまいし、敵の視界をジャックした後、かな~りじっくりと敵の行動パターンや敵の位置関係を眺める必要があり、プレイしててストレスがかなりたまります。
また、同じシナリオで何回も敵に殺されまくると、「恐怖」が逆に薄れてしまいますね。

おまけに地図はあるものの、現在位置は表示されないので、頭の中で「自分が現在どこにいるのか」をきちんと把握する必要があって、これがかなりかったるいです。

トゥームレイダー1~5みたいにビハインドビュー(常にプレイヤーの真後ろにカメラ位置がある)のため、プレイヤーとの一体感があって臨場感や没入感はすごいのですが。

ゲームが進むにつれて面白くなっていってくればいいんですが・・・。

 

**************************

●ワンダと巨像がまたプレイしたくなってきた● 

兄弟に借りたワンダと巨像をクリアしてからしばらく経ちました。
(自分はのんびりプレイしたため、結局プレイし始めてからクリアまで4週間近くかかりました。実際の総プレイ時間は9時間ほどですが。)

プレイしてた時は、「巨像探す」→「巨像の背中に乗った後は剣を突き刺す」の繰り返しがルーチンワークに感じられて、しかも1体倒すだけで30分以上もかかる事もあって、一気にクリアしようという気になれませんでした。

この部分で言えば「人を選ぶよなぁ」と思います。
(このルーチンワークを挙げて「ワンダと巨像を面白くない」と言う人もいるようですが、自分はそう思う人がいても仕方ないとは思います。)

ただそれとは別に、このゲームで体験できた巨大なものとの戦いや、PS2ではトップクラスであろうフィールドの映像美を、なんだか最近また無性に体験したくなってきてます。
なんかボディーブローのように効いてきた感じ。

めちゃくちゃ大きな巨像を足元から見上げてあんぐりしたり、踏み潰されないように逃げ回ったり、巨像にしがみついてよじ登っていったり、巨像の頭の上から景色を眺めたりというのは、なんとも強烈な体験でした。
擬似体験であれ、こういう面白い体験ができるのは3Dゲームならではですね。

また、フィールドの美しさも、特筆ものです。
ポリゴン数やテクスチャの解像度的には他のPS2ゲームと大差ないのでしょうが、『絵作り』の上手さやエフェクトの丁寧さから、他のPS2のゲームよりも1,2段階レベルの高い映像が楽しめます。
プチ次世代映像といった感じ。
 
ゲーム開始後は一切ロード待ち時間がなく、シームレスにフィールドがつながっているのですが、アグロを疾走させてフィールドをどんどんと駆けて、フィールドの景色が途切れなく次々と変化していく様を観るのはなんとも言えないものがあります。
シームレスってここまで素晴らしいものだったとは。
 
そういえば、シームレスといえば、もうすぐ発売のローグギャラクシーもシームレス(読み込み無し)でゲームが楽しめるとの事です。
(ローグギャラクシーはファミ通のレビューでは声優の演技については一言もコメントしてなかったので、主人公とヒロインの声の演技がだいぶマシになってれば嬉しいのですが・・・。)

ワンダと巨像は通常のゲームを期待してプレイすると肩透かしをくらう人もいるでしょうが、このゲームで味わえる巨像の大きさやフィールドの美しさ・臨場感(歩いてるだけで「世界遺産」を見てるような感じ)はなんとも言えないものがありましたし、「また後でもう一度体験してみたいなぁ」と思わされてしまいました。
 

**************************

●あいかわらずタイトーメモリーズ下巻●
  

あいかわらずタイトーメモリーズの下巻に収録されてるゲームを飽きずにプレイし続けてます。
やっぱゲーセンのゲームは「1コインでどこまでいけるか」といった感じでプレイすると面白いです。
25タイトルも収録されてるので、飽きたら別のゲームに挑戦するのも面白いし。

ガンフロンティアは油断してると未だに1面で2機も失ってしまうのが歯ごたえがあっていいです。
(残りの1機でその後どんどんと進めてしまえる事もあれば、1面のボスで油断して全滅してしまったり・・・。)

手軽に死ねる(全滅)事もあって、今現在はシューティング系をもっぱらプレイしまくってます。
1プレイ10分以内ですむし。(←あんま上達してないので・・・)

逆に1コインで結構進められるようになってしまったカダッシュとかは、時間の都合であんまりプレイしてないです。

ゲームをプレイするのとは別に、タイトルを選んでそのまま放置しておくのも面白いです。
アドバタイズデモをループして流していると、ちょっとだけ自宅がゲーセンになった感じです。
どっかで50台のモニターと50台のPS2と、25枚のタイトーメモリーズ上巻・下巻を用意して、各モニターに各ゲームを映して、アドバタイズデモを流したり、プレイしまくるというイベントをやってみるのも面白いと思ったり。

大旋風や究極タイガー・黄金の城・ナイトストライカー・レイフォース・レインボーアイランド・中華大仙・チェイスHQ・S・C・I・チャンピオンレスラーなどの収録もれタイトルもいつかプレイできる日がくればいいんですがねぇ。 

XBOX360のマーケットプレイスではゲームのダウンロード販売もできるようなので、こっちでタイトーメモリーズに収録もれのタイトルをバラ売りしてくれたら面白いかも。
(タイトーメモリーズは1タイトル200円程度でしたが、こっちは1タイトル600円以上してもいいので。)

タイトーに限らず、色々なメーカーのアーケードゲームがXBOXLIVEのマーケットプレイスで安価に購入してプレイ可能になったら、XBOX360の購入意欲がグンと上がるのですが。

**************************

●ワイルドアームズ アルターコードFを再開●

途中でプレイを中断していたワイルドアームズ アルターコードFを再開。
ようやくフォトスフィアのところまできました。

しかし、マザーとの戦いで1時間近くも戦わされたのは正直疲れたです。
このゲーム本当に戦闘バランスが悪いですね。

オリジナルのPS版ワイルドアームズでは、こんなに戦闘バランスは悪くはなかったと思うのですが。

| | Comments (0)

12/03/2005

ソウルキャリバーのバグについては

ナムコからソウルキャリバーIIIの致命的なバグについて正式な報告がありましたが・・・。

http://namco-ch.net/policy/info/20051202.php

今のところ、報告だけで、正式な対処については不明となってますね。

自分はまだ買ってなかったのですが(というかこのバグ情報が出てから買うのを躊躇してしまった)、早いとこ正式な対処をしてくれないと、買おうかどうか検討中のユーザーは結局購入しないで終わってしまう人が多いと思います。

最近は新品の売れる時期は短いので、バグを放置する期間が長いほど、売り上げに対してかなり影響があると思うんですが。

中古もそろそろ出回ってくるだろうし。

| | Comments (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »