« 続)トゥームレイダーの新作が | Main | shade8とredqueenと »

05/23/2005

ジャンプで「タカヤ」開始

ジャンプ金未来杯ではどれが一番好きだったかといえば自分は中島諭宇樹さんの「切法師」が一番好きでした。

「タカヤ」については、

1.お隣の兄の顔立ち(アゴがきつい)が嫌だった。
2.漫画とはいえヒロインの女の子がボコボコに顔を殴られるシーンは不快に感じた。

という印象でした。

結局金未来杯ではこの「タカヤ」が一番人気だったようですが、一番でなかったムヒョとロージーの連載開始からしばらく経ってから、今になってようやくジャンプで連載が開始されました。

上に挙げた自分が不快に感じた事の1、2については、他にも同じように感じた方が多かったためか、連載開始したタカヤでは見事なくらい修正が入っています。

1、兄の顔がすごい美形になった。(笑った。)
2、ヒロインがボコボコにされずに、主人公がボコボコにされるようになった。

と修正されてます。
自分は知らなかったのですが、ネットでは一部で「あててんのよ(*)」が非常に受けたようで、連載版のタカヤでも「あててんのよ」がちゃっかり盛り込まれてました。

編集部の「人気取るためならなんだってやるよ。」という意気込みがひしひしと伝わってきます。

(*あててんのよ・・・・読みきり版ではラストシーンでヒロインが主人公に背中から抱きついて胸が背中に当たってるシーンがあり、その時に炸裂したセリフ。確か・・・主人公「胸が当たってるんですけど・・・。」、ヒロイン「あててんのよ」・・・みたいな会話だったと思います。
連載版ではヒロインが主人公を後ろからはがいじめにしたシーンでこのセリフが登場。)

ところで、連載版の「タカヤ」では、なんか読みきりの時より画力が結構高くなった印象があります。(ちょっとブリーチっぽい作画のところもありますが。悪役の顔とか)
読みきりの時は画力が正直ちょっといまいちだったので、連載時に多少画力があがったのは良かったですね。
連載開始が遅れたのは、まさかプロの漫画家のアシスタントをさせて全体的な画力を上げさせていたとか・・・?

さて、来週は遂に切法師が連載開始です。

予告ではちょっと画風が普通っぽくなってるのが気になりますが・・・・。

|

« 続)トゥームレイダーの新作が | Main | shade8とredqueenと »

Comments

The comments to this entry are closed.