« プロジェクター欲しい欲しい病 | Main | 泣き笑い文庫(異次元騎士カズマシリーズ) »

11/16/2004

おすすめ漫画:もっけ

もっけ(勿怪) 1 アフタヌーンKC

もっけ
著者:熊倉 隆敏

●この作品の特徴●
「まったり系妖怪ファンタジー漫画」「主人公の姉妹はかわいく、保護者のおじいさんは渋カッコイイ」「人によってはかなり萌える絵柄なのでは?」

妖怪を視る事ができる能力を持った中学生の姉・静流、妖怪にとり憑かれやすい体質をもった小学生の妹・瑞生・・・・・これだけ書くとバトル系妖怪漫画を想像してしまう人もいるかと思いますが、基本的にゆったりとした展開の作品となっています。
(時々少しだけシリアスになるけど)

毎回いろいろな妖怪や不思議な事象が登場し、二人の姉妹はそれに対して「どう退治するか」ではなく、「どう対応するか(折り合いをつけるか)」といった感じで話がすすんでいきます。

ゆったりとした本格的妖怪漫画として楽しめるのはもちろんですが、人によってはかなり萌える絵柄ではないでしょうか。
(小学生の妹の瑞希の出番がわりと多いですが)

それ系の人に受けたのか、「アフタヌーンシーズン増刊」という比較的マイナーな雑誌での連載であったのにもかかわらず、コミックス1巻が出るやいなや売れまくり、すごい勢いで重版がかかったようです。

現在はアフタヌーンシーズン増刊が休刊になったのにともない、月刊アフタヌーンに移動し、隔月連載となっています。
この作品が気に入った人は、月刊アフタヌーンも購入してみるのも良いかもしれません。
(コミックスだと、扉絵などのカラーページがモノクロになってしまうので。)

絵柄が自分好みで、かなりツボに入った作品です。 

 

|

« プロジェクター欲しい欲しい病 | Main | 泣き笑い文庫(異次元騎士カズマシリーズ) »

Comments

The comments to this entry are closed.