« 御神楽少女探偵団シリーズ | Main | おすすめ漫画:寄生獣 »

11/28/2004

おすすめ漫画:ゲッチューまごころ便

ゲッチューまごころ便 3 (3)
↑(主人公の紅男とライバルの佐古田)

ゲッチューまごころ便
著者:緋采俊樹(ひさいとしき)

●この作品の特徴●
「基本的に1話完結型のギャグ漫画」「登場するキャラクター達はいずれも個性が強い(強すぎるかも)」「これを読むと宅配会社や宅配人に親近感が湧くかも」

主人公の後藤紅男(ごとうべにお)は、高校生ながら、家業の「まごころ便」という宅配便営業所を手伝っています。
彼をとりまく個性的な仲間達とともに話は繰り広げられるのですが・・・。

最初はどちらかというと女性読者を意識したような絵柄(連載は少年チャンピオンでしたが)に、男の読者だと拒否反応が出るかもしれませんが、読んでるうちにそういうのは即効で気にならなくなると思います。(自分がそうでした。)

とにかくギャグがスピーディーで、基本的に1話1話完結してるという事もあり、読んでいて実に爽快です。

出てくるキャラクター達の個性が強く(というか強すぎる)、彼らのカラミを見てるだけで楽しいです。

「まごころ便」の競合会社「ツバメ便」の宅配野郎であり、紅男の永遠のライバルである佐古田(ペットは亀)
紅男が恋心をよせるコトミは顔はかわいいしスタイルもいいけど性格がかなりきっつい
紅男たちにふりまわされる不遇の女教師・中村アヤ子
「最強」の称号を欲しいままにする紅男の姉・後藤火呼(ごとうかこ)
その「最強」の女性に恋心をいだいてしまったかわいそうな紅男のおさななじみの葛西
「まごころ便」の営業所の面々(炎所長・加路さん・東海林さん・その他)などもひとくせもふたくせもあります。
さらに9巻から委員長・新名美羽(天然?)、その美羽に恋心をよせる女装男・梧(あおぎり)なども出てきて、ますますキャラクターに厚みが出てきて面白くなってきます。

(個人的には紅男とライバルの佐古田がからんだエピソードが、いずれも面白すぎて笑えます。10巻の紅男・佐古田・梧の三人がからんだエピソード「ヨメをめとらば」は珠玉。何度読んでも笑えます。)

また、基本はギャグ漫画ですが、時々しんみりとする話や考えさせられる話もあったりして、よりいっそう読後感を良くしてると思います。

宅配便を題材としてる事もあり、これを読んでいると結構宅配会社や宅配の人に親近感が湧いてきたりします。
年末年始の悲惨な重労働の話とか・・・。
(といっても高校での話や宅配とはまったく関係ない話も多いですが)

ギャグに勢いがあり、キャラクター達のかけあいが面白い漫画だと思います。
興味をもたれたら、是非ご一読される事をおすすめします。

ゲッチューまごころ便 2 (2) ゲッチューまごころ便 4 (4) ゲッチューまごころ便 12 (12) ゲッチューまごころ便 7 (7) ゲッチューまごころ便 5 (5)

|

« 御神楽少女探偵団シリーズ | Main | おすすめ漫画:寄生獣 »

Comments

The comments to this entry are closed.