« DL MARKETでの素材販売を始めました | トップページ | ココログの変な仕様再び »

2014年10月 4日 (土)

柑橘類用テスト画像

Toontest141003001_image001thum

Toontest141003001_image002thum

これ、3DCGソフト上で球にデコボコのバンプマップを適用して、一階調のみの設定でトゥーンレンダリングしたものです。(輪郭線はOFF)

こういう画像を作っておけば、柑橘類をややリアルに描く時に、皮の部分のトーンワークの時間を短縮できるのでは、と思い作ってみました。

光源の方向にあわせて左右反転したり、回転させたりして使います。
みかんなどのようにやや縦に潰れた形状の場合は、画像を縦に縮めたりして使います。

以下のファイルは高解像度版です。ご自由にお使いください。

「toontest141003001_image001.zip」をダウンロード

「toontest141003001_image002.zip」をダウンロード

 

コミスタ上では

1 画像をコピー&ペーストで読み込んだ時に「白を透明にして貼り付け」をする

2 色域選択ツールでグレーの部分にスポイトをあわせるとグレーの箇所だけが選択状態になる

3 その状態で網点トーンなどを用紙にドラッグすると、グレー部分を丸ごとトーン化できる
(元の画像レイヤーは非表示にしておく)

 

の手順でトーン化した後は、濃度を変更したり、網点化したりが簡単にできます。

 

今のところコミスタやクリスタではバンプマップやトリムマッピングに対応していませんが、クリスタのバージョンアップでこの両方に対応して、使いたい時だけそれぞれをON・OFFできるようになれば、3DLTの使い勝手がもっと良くなるでしょうね。

|

« DL MARKETでの素材販売を始めました | トップページ | ココログの変な仕様再び »