« 皿や容器、その他 | トップページ | Tab-Mate Controllerの個人的お薦め設定 »

2013年11月12日 (火)

サバイバルゲーム用の安価なゴーグルがわりといい感じです

最近のモニターは、モニター側の設定で明るさや輝度を最低に落としても、まだ明るくて目がまぶしく感じる場合があります。
グラフィックカードのドライバで明るさや輝度をさらに落としたりもできますが、その場合色が変になったり……。

そういう時に、何千円もするPC用メガネをかけたり、結構高いモニター用フィルターを導入してまぶしさを軽減するというのもいいのですが、私的にはコレが結構おすすめだったりします。

東京マルイが出しているサバイバルゲーム用のゴーグルのスモークタイプです。
(Lサイズ以外にSサイズもあります)

値段が1000円以下と安いですが、これをかけると明るさをわりと抑える事ができて、結構目に優しい感じになるのです。
(最近よく聞くブルーライトをカットしてくれるかどうかはわかりません。)


色を塗る時はともかく、文章を作成したり、3Dソフトで素材をモデリングしている時や、ラフや下描き、ペン入れをしている時にこれをかけていると、長時間作業時の眼の疲労具合が結構違いますね。

なお、私は眼鏡をかけているのですが、眼鏡装着している方でもこのゴーグルは使えるようデザインされています。
眼鏡の種類によるかもしれませんが、私がかけている眼鏡のレンズの方には構造的にゴーグルが当たらない(隙間が確保されていて、眼鏡のレンズには傷をつけない構造)になっています。
眼鏡のレンズはフラットな形ではなく、前方向にそこそこ湾曲しているレンズです。

ただし、眼鏡のフレームの方がこのゴーグルの左右端の方にあたって、ゴーグルの内側に少しすり傷がつく事はあります。
正面方向を向くデスクトップ作業においては、ゴーグルの左右の方に傷がついても、特に気にならないですが。


趣味や仕事で毎日長時間モニターに向かっている方は、もし毎日の眼の疲労具合を軽減したいと思ったら、結構高いPC用メガネを買うより、まず試しにこの安価なサバイバルゲーム用ゴーグル(のスモークタイプ)を試してみる事をお薦めします。
これだけでも結構モニターのまぶしさを軽減できますよ。

 

ゴーグルかけている事を忘れて、そのまま色塗りをしてしまったり、外にでかけてしまうのだけは注意ですが。
(かけたままスーパーに行ってしまった事あり……。)

|

« 皿や容器、その他 | トップページ | Tab-Mate Controllerの個人的お薦め設定 »