« 色々な収納家具(と、それ以外の家具も) | トップページ | 3Dモデル:机とイス(職員室やオフィス用) »

2013年4月15日 (月)

600dpiと1200dpiでの3DLT

いつもは用紙解像度600dpi、3DLTレンダリング解像度600dpiでテストレンダリングしているので知らなかったのですが、どうやら3DLTレンダリング解像度を高くすると、変なノイズが出るみたい?

Test600dpi

clipの方にアップロードしたフライパンですが、600dpiで線の検出精度を100にしてレンダリングすると、上記の通りになります。

Test1200dpi

これが、線の検出精度を同じ100のまま、1200dpiでレンダリングすると、上記のようにあちこちに変なノイズが発生するみたいです。

Test1200dpi2

陰影をオフにしてレンダリングした場合です。(用紙、3DLTともに1200dpi)
変なノイズはラスターレイヤーに発生しているようです。

Test1200dpi98

1200dpiでも、線の検出精度を98と、少し落として3DLTレンダリングすると、変なノイズは消えるみたいです。

|

« 色々な収納家具(と、それ以外の家具も) | トップページ | 3Dモデル:机とイス(職員室やオフィス用) »