« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月26日 (水)

コミスタ5はいつ出るんでしょうね?

いろいろ3D素材を作ってるものの、私が持ってるのはコミスタproなので、3DLTでレンダリングした際にどのように線が出るか確認できていません。
3DCGソフトの方でトゥーンレンダリングして一応確認しているものの、コミスタの3DLTと同じような線の出方になってるかわかりません。
コミスタ5が出たらアップグレードパッケージを購入して3DLTができるEX版にグレードアップするつもりなのですが、5が一向に出ない……。
3から4へのバージョンアップパッケージを購入したのが、たしか2007年後半だったかで、もう4年近くも経ってしまいました。
まぁその間も4は4で無償で色々な機能が追加されたりしてるので、文句は無いのですが。

先に4でEXへグレードアップしてから、4EX→5EXへバージョンアップするとしたら、合計で35000円くらいかかりそうです。
4PROから5EXへのバージョンアップ&グレードアップだと、まだグレードアップパッケージの正式な価格はわかりませんが、多分25000円くらいですみそうなのです。

5といえば、3D関係も機能強化してもらいたいですね。
個人的には以下のような機能を搭載してもらいたいです。

・3D形状のサイズを幅・奥行き・高さをまとめて変更する現状の方式だけでなく、幅、奥行き、高さ個別に変更できるようにもして欲しい。
さらにマイナスの値を入れると、左右方向や奥行き方向を反転できたり。
これができると靴などは片方だけ作って、コミスタ上でコピーしてから左右反転して使ったりできます。

・3Dソフト側で設定した拡散色(ディフューズカラー)をコミスタでも反映するようにしてもらいたい。
「テクスチャ」のチェックをON・OFFするだけでテクスチャの反映を切り替えられるように、「拡散色」のチェックをON・OFFすればマテリアルで設定してある拡散色を反映するかどうか切り替えできたらと。
現在はコミスタで使う3D形状に色をつけようとしたら、テクスチャを用意して、UV設定をする必要があります。
ポリゴン単位で拡散色を設定して、それをコミスタ側で反映できるようになれば、形状の色付けがかなり楽になってありがたいです。
また、「ここはもうベタ(真っ黒)でかまわない」みたいな箇所は、ポリゴンを選択してマテリアルで拡散色を黒にすればいいだけで簡単にベタ塗りつぶしの部分を設定できたりも。

・マテリアルで透明度を100に設定した形状は、輪郭の線のみレンダリングしてポリゴンは透過させるとか。
現在のコミスタでも片面ポリゴンで面を反転して透明風な材質を実現してる場合もありますが(セルシスさんのヘルメット素材など)、3Dソフト側のマテリアルで透明度を100%に設定した物体は輪郭のみレンダリングしてくれるようにすれば、例えばバイクの風防などが簡単に再現できるようになります。

・複数形状のグループ化と、グループ単位での複製をコミスタ上でできるように。
現在、コミスタで3D形状を複数同時に選択して3Dワークスペースのプロパティウインドウでコピー&ペーストしても、選択されている形状のうちの一つしか一度にコピーされません。
3Dワークスペースレイヤー自体を複製すれば、複数形状を一括してコピーできますが、この方法だと後でカメラのアングルを変えたくなった時にレイヤー単位でカメラ設定を同じ風に調整する必要があります。

・線ポリゴンのレンダリングを可能に
一部の3Dソフトのトゥーンレンダリングでは、線ポリゴン(ポリライン)をレンダリングできたりします。
これができるようになると、ロングで使う建物の窓の複雑な装飾などを線ポリゴンで簡単に表現できたりします。
ラケットのガットや金網の網も線ポリゴンで表現できたり。
現状は後ろのオブジェクトを透過させる網を表現しようとすると、パイプ風に掃引する必要があり、ポリゴン数(データ容量)がかなり増えてしまいます。

・バンプマップやノーマルマップに対応して凸凹の陰影を出せるようになれば。
コミスタで光源位置を変更すると、バンプマップやノーマルマップできちんと光源位置に応じて凸凹の具合が変化するようになればなぁと。

・コミスタ上で3Dペイント可能に
読み込んだ3D形状にコミスタ上で手軽にペイントできるようになれば、細かいディテールを書く際のあたりとして使えるようになります。
すでに形状にテクスチャが設定されている場合は、3Dペイント用に別レイヤーを用意して書き込みできるようにして。(3Dペイントで書いたレイヤーは簡単に表示・非表示できるようにして)
UV設定してない3D形状には3d-coatというソフトみたいに自動でUVを割り当てた後、3Dペイントできるようになったり。
3DペイントとUV自動割当は実装するのは面倒そうなので、これは「あれば嬉しい」程度です。

|

2011年1月15日 (土)

3Dモデル:カレーのアレ

コミックスタジオ・イラストスタジオ用3Dモデル「カレー皿(?)」です。
正式名称がよくわかりませんが、レストランとかでカレーを出す時によく使われるようなアレです。

Curry002

Curry003

Curry004

片面ポリゴンの場所がありますので、コミスタ・イラスタに読み込んだ後はオブジェクトを選択状態で「両面表示」にチェックを入れてください。

Curry005
台座パーツが若干めりこんでますので、上方向から見た時に修正する必要があります。
(カレーが入ってない空の場合)


3Dデータは以下よりどうぞ

「curry001.zip」をダウンロード

   

|

2011年1月10日 (月)

3Dモデル:ロープウェイ

コミックスタジオ、イラストスタジオ用3Dモデル「ロープウェイ」です。

外側のみ。
内側は作ってません。

気が向いたら車体のデザインを変えたやつも後で追加するかも。


Ropeway001

Ropeway002

Ropeway003

Ropeway004

Ropeway005

Ropeway006


3Dデータは以下よりどうぞ

「ropeway001.zip」をダウンロード

    

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »