« 2009年9月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年10月

2009年10月26日 (月)

製作メモ:ポリゴンメッシュのスムーズ角度がソフトによってはインポート時にリセットされるようです

バーチェアカスタムパーツセットリモコンパーツセットなどは、「3Dソフトで各パーツをインポートして、それらを組み合わせてからobj形式などで出力してコミスタで使用する」という風になっていますが、3Dソフトによってはインポート時にポリゴンメッシュのスムーズ角度(ポリゴンとポリゴンの交差角度がこの値以下なら滑らかにシェーディングし、この値以上なら角としてエッジを立たせる)の設定がそのソフトのデフォルト値にリセットされる場合があるようです。

試しにshadeにインポートしてみると、スムーズ限界角度を120度とかにして滑らかだった物体などは、スムーズ限界角度がデフォルトの30度に自動で変更されてしまいカクカクになったりする場合も…。

3Dソフトで組み上げた後、パーツがカクカクしてないか再確認し、もしカクカクしてるパーツがあって滑らかなシェーディングにしたいならそのパーツ(ポリゴンメッシュ)のスムーズ限界角度を挙げてからobj形式で出力してコミスタで使用した方が良さそうです。

パーツを組み合わせる場合だけでなく、完成済みのモデルを3Dソフトに読みこんで加工してコミスタで利用する場合も、スムーズ限界角度がリセットされてないかどうか気をつけた方が良いでしょう。

Smooth001
↑shadeで球を作成した後、分割を「粗い」にしてポリゴンメッシュ化したものをそのままobj形式で出力してコミスタで表示したもの
デフォルトのスムーズ限界角度は30度なので、カクカクしています

Smooth002
↑スムーズの限界角度を120度に変更してからobj形式で出力し、コミスタで表示したもの
シェーディングが滑らかになっています。

Smooth003
↑でもそれをshadeにインポートして、そのままobj形式で出力すると、スムーズの限界角度がデフォルトの30度にリセットされてしまいます。

Smooth004
↑別の3Dソフトcarraraの場合はインポート時にスムーズの限界角度がリセットされず値はそのままなので、再びobj形式で出力してコミスタで読み込んでも滑らかなシェーディングになっています。


shade・・・・インポート時に全てのパーツのスムーズの限界角度が30度に変更される
carrara・・・インポート時もスムーズの限界角度はそのまま
六角大王super6・・・・インポート時にスムーズの限界角度を聞かれ、全てのパーツのスムーズ角度がその値に変更される
imocea・・・インポート時に全てのパーツのスムーズの限界角度が89度に変更される
メタセコイア・・・・インポート(オブジェクトの挿入)時に全てのパーツのスムーズの限界角度がデフォルトの60度に変更される

みたいな感じになっているようです。

|

2009年10月20日 (火)

3Dモデル:バーチェアパーツセット

「上部パーツ」「下部パーツ(脚部パーツ)」「オプションパーツ(脚かけやレバー等)」を組み合わせて1000種類以上のバーチェア(カウンターチェア)が作成できるパーツセットの配布です。

お手持ちの3DCGソフトでパーツを読みこんで組み上げてください。
3DCGソフトをお持ちでない方はimocea等のフリーの3DCGソフトをご利用ください。
(*imoceaはオブジェクトが小さい場合、オブジェクトにカメラを近づけるとクリッピングが発生してポリゴンが欠けてしまうので、手間がかかりますが「メタセコイアで組立ててmqoで保存→imoceaで読み込んでobj形式で出力してコミスタで使用」という手順を踏んだ方がいいかもしれません。)


ページ下段には「組み合わせサンプル」もいくつかアップロードしてありますので、「自分で組み上げるのは面倒」「ちょっと時間が無い」という人はそちらをどうぞ。

パーツのサイズや位置はパーツ製作時にこちらである程度あわせてあるので、基本的に3DCGソフトで「上部パーツ」「下部パーツ」「オプションパーツ」を選んで読み込むだけで完成するので、パーツカタログを見ながらパーツを選んでいけば、1,2分でバーチェアを一つ完成させる事ができます。そんなに手間はかからないでしょう。

ただ、パーツの組み合わせによっては上部パーツが浮いた感じになってしまう事もありますので、その場合は上部パーツの高さを微調整してください。

ココログはアップロード容量制限(たった1MB)があるので、ファイルは下記の通りいくつかに分割してあります。
解凍後に同一フォルダにファイルをまとめてください。

<上部パーツ>
「barue1to10.lzh」をダウンロード
「barue11to20.lzh」をダウンロード
「barue21to26.lzh」をダウンロード
「barue27to32.lzh」をダウンロード
「barue33to37.lzh」をダウンロード

<下部パーツ(脚部パーツ)>
「barasi1to15.lzh」をダウンロード
「barasi16to27.lzh」をダウンロード
「barasi28to34.lzh」をダウンロード

<オプションパーツ(足かけやレバー等)>
「barop1to15.lzh」をダウンロード
「barop16to28.lzh」をダウンロード


どんなパーツが収録されてるかは下記のカタログファイルをご覧ください。
barchairpartsall001.jpg 

カタログ画像を見ながらパーツを選ぶと素早く組立てできますので、こちらの画像ファイルもオブジェクトファイルと一緒のフォルダにダウンロードしておくと良いでしょう。

気が向いた時にパーツをまた何十種類追加するかもしれません。
その場合はこのページに追加しようと思います。

以下は組み合わせサンプルです。
(ファイル容量が1MBを越えてるものはlzhで圧縮してあり、1MB以下の場合はobj形式のままアップロードしてあります。)


「barchair001.lzh」をダウンロード
Barchair001

「barchair002.obj」をダウンロード
Barchair002

「barchair003.obj」をダウンロード
Barchair003

「barchair004.lzh」をダウンロード
Barchair004

「barchair005.lzh」をダウンロード
Barchair005

「barchair006.lzh」をダウンロード
Barchair006

「barchair007.lzh」をダウンロード
Barchair007

「barchair008.lzh」をダウンロード
Barchair008

「barchair009.obj」をダウンロード
Barchair009

「barchair010.lzh」をダウンロード
Barchair010

「barchair011.lzh」をダウンロード
Barchair011

「barchair012.obj」をダウンロード
Barchair012

「barchair013.obj」をダウンロード
Barchair013

「barchair014.lzh」をダウンロード
Barchair014

「barchair015.lzh」をダウンロード
Barchair015

「barchair016.obj」をダウンロード
Barchair016

「barchair017.lzh」をダウンロード
Barchair017

「barchair018.lzh」をダウンロード
Barchair018

「barchair019.lzh」をダウンロード 
Barchair019

「barchair020.lzh」をダウンロード
Barchair020

|

2009年10月17日 (土)

shadeドリームハウスが4980円に値下げらしいです

「shadeドリームハウス」がキャンペーンで一時的に4980円に値下げされるらしいです。
このソフトはマイホームデザイナーと同じような家を手軽に設計できるソフトなのですが、建具・家具などを5000点近くも収録してるようです。
この収録家具などをコミックスタジオで利用できるなら、5000円ほどで5000点(実際に使えそうなのはその1/4としても1000点以上)の背景素材(主に家具系)が手に入るって事になりますね。

最近六角大王Super6という3DCGソフトを購入したのですが、shadeドリームハウスほどではないですが、こちらもそこそこの量の3Dモデルが収録されています。
詳しくはメーカーさんのホームページに掲載の収録オブジェクト一覧をご覧ください。
(上記はsuper5の収録データ一覧ですが、super6はこれにさらに+αで素材を足して収録してるようです。)

六角大王のマニュアルを見ると、「収録してる3Dデータは他のソフトで使用しても良い」とライセンス項目に表記されていますので、コミックスタジオでも使って良いようです。
(ただし3Dデータ自体を無償・有償問わず再配布するのはアウト)

六角大王super6はダウンロード版だと5000円くらいで買えるので、「3DCGソフト+ちょっとした素材集」として考えるとわりとコストパフォーマンスは良いかもしれません。
(ただし、角を切り落とす機能はあっても、角を丸める機能が付いてないのがモデラーとしてはちょっと物足りないかも)


shadeドリームハウスの方はどうなんでしょうね?

・収録してる素材の中には実在の家具をメーカーの許諾を得て収録しているのが多いが、それを別のソフトでも(コミスタでも)使っていいのか?漫画の背景素材として利用してもいいのか?

を購入前にメーカーに問い合わせて確認しておくのが良さそうですね。

shade形式(SHD)で出力はできるようですが、コミスタでは現時点(ver4)ではSHD形式だとシェーディングがおかしくなってしまうので、3Dデータはshadeのいずれかのバージョン(basic、standard、professional)でobj形式に変換してから使用した方が良さそうです。
(自由曲面で作られてるデータはポリゴン化するなどの手間もかかりそうです)

|

2009年10月 4日 (日)

3Dモデル:いろいろなリモコン その2

コミックスタジオ用3Dモデル リモコンいろいろ

今回はエアコンのリモコンやAVコンポ用のリモコンです。


エアコン用リモコン001  「remocon009air.lzh」をダウンロード

Remo009air1

Remo009air2

Remo009air3



エアコン用リモコン002  「remocon010air.lzh」をダウンロード

Remo010air1

Remo010air2 
Remo010air3



エアコン用003  「remocon011air.lzh」をダウンロード

Remo011air1
Remo011air2
Remo011air3




エアコン用004  「remocon012air.lzh」をダウンロード 
Remo012air1
Remo012air2

Remo012air3



AVミニコンポ用001  「remocon015av.lzh」をダウンロード

Remo015av1

Remo015av2

Remo015av3



AVミニコンポ用002  「remocon016av.lzh」をダウンロード

Remo016av1
Remo016av2

Remo016av3



AVミニコンポ用003  「remocon017av.lzh」をダウンロード

Remo017av1
Remo017av2

Remo017av3          

|

2009年10月 2日 (金)

製作メモ:テクスチャ欠けテスト

以下は直方体の上に暗めの単色テクスチャを設定したポリゴンの板を6枚載せたもの。
一番左上が一番密接して乗っており、右(および下段)へ行くほど距離を離して乗せてあります。


Polikake001

Polykake002
密接の度合いが高いほどテクスチャ欠けがきつくなりますね。
ある程度離せばテクスチャ欠けは起きなくなるようです。

ポリゴンの板を使って線を出す際は、浮かしすぎてもダメだけど、密接させすぎてもテクスチャONの時に不具合が出てしまう、という事に注意しないといけないようです。

|

製作メモ:shadeでのUV設定について

shadeでUV設定をする場合は、表面材質で設定したUV設定(「UV」か「距離補正」)と、UVウインドウの「UVモード」(UVか距離補正)をきちんと一致させてから作業を開始しないと、後でやり直しするはめになります。
(表面材質の方ではデフォルトで「距離補正」の方が選択されており、UVウインドウのUVモードの方ではデフォルトで「UV」の方が選択されてしまってます。)

また、obj形式でエクスポートする場合は「UV値オプション」の「V方向を反転」にチェックを入れてエクスポートするとコミスタ側でいちいち「テクスチャの上下反転」をしなくてすみます。
特定のパーツが黒くなるバグが出て、その修正のために一度shadeにインポートしてからすぐにエクスポートする場合、インポート時の設定でも「V方向を反転」のチェックは入れておきます。

なお、

・パート
  ポリゴンメッシュA
  ポリゴンメッシュB
  ポリゴンメッシュC

のような感じで複数のポリゴンメッシュから構成されるモデルを一つのobjファイルとしてエクスポートする場合、例えばポリゴンメッシュAだけにUV設定とテクスチャを設定してBとCには特に何も設定しない場合、コミスタ側で読み込むとBとCにまでAに貼ってるテクスチャ(とマテリアル)が設定されてしまいます。
対処法ですが、BとCに独自のマテリアルを設定するだけではダメのようで、独自のUV設定とテクスチャも設定しないといけないようです。
新たにテクスチャを用意するのもいいですが、A用のテクスチャの一部に白いエリアを用意し、テクスチャはそのAの物を流用して、UV設定でその白いエリアにBとCのポイントを縮小して載せるというのが手軽でいいでしょう。

白以外にも明るめの灰色や暗めの灰色のエリアを用意しておくと、パーツ単位で手軽に色(コミスタではモノクロですが)を設定できます。

|

3Dモデル:電卓A

コミックスタジオ用3Dモデル 「電卓A」です。

今回はテクスチャを貼ってみました。

テクスチャをONにして使用する場合は、形状ファイル(拡張子はobj)と一緒のフォルダにマテリアルファイル(mtl)とテクスチャファイル(bmp)を入れてご使用ください。

電卓A 「dentaku001.lzh」をダウンロード

Dentaku01a1

Dentaku01a2

「平らなポリゴンを少しだけ浮かして載せて3DLTでそのシルエットをレンダリングさせる」という技ですが、テクスチャをON状態だとあまり密着させて載せると不具合が出る場合があるようです。

Dentaku01a3

↑のように右下あたりのテクスチャが欠けてしまってます。
今回アップロードしたモデルはテクスチャ欠けが出にくいように修正したのですが、それでもアングルによっては欠けが発生してしまうようです。

Dentaku01a4   

テクスチャOFFにすると欠けは見えなくなるんですがね。

|

3Dモデル:電子辞書A

コミックスタジオ用3Dモデル「電子辞書A」です。

リモコンパーツセットのパーツを組み合わせて作ってみました。
ボタン数が多いのでこれはちょっと時間がかかりました。

「リモコンパーツセット」という名前ですが、これで電子辞書や携帯オーディオ、メディアプレーヤー、携帯ゲーム機やゲームのコントローラーとかを作ってもいいわけです。



電子辞書A(閉じた状態) 「densizisyo01close.lzh」をダウンロード  
Densizisyo01clos1
Densizisyo01close2
Densizisyo01close3




電子辞書A(開いた状態) 「densizisyo01open.zip」をダウンロード
(普段はlzh形式で圧縮してるのですが、lzh形式では制限容量の1MBを越えてしまいましたため、開いた状態の方はzip形式で圧縮してあります。それでもギリギリ…。ココログは制限容量をもう少し緩和して欲しいですね。3MB~5MBくらいに。)

Densizisyo01open1

Densizisyo01open2 
  Densizisyo01open3
アップです。
ボタンの下にボタンと同じ形の平面(少し拡大したもの)を並べています。
ノートパソコンならともかく、電子辞書をここまで拡大して表示する事はないでしょうが…。

|

2009年10月 1日 (木)

製作メモ:shade形式とdxf形式はコミスタでは正常に表示されませんね

「shade形式で保存したファイルをコミックスタジオで読み込むとシェーディングがおかしくなる」というのは昨年指摘したのですが、どうやらdxf形式で保存したファイルでも同じ症状が出るようです。

こちらのcomicstudio テクニカルインフォメーションでもオブジェクトのスムージングや3DLTレンダリング時の線についてメーカーに問い合わせしてる人がいますね。
リンク先ではobj形式でもシェーディングがおかしくなってますが、多分これは出力ソフトの問題かと。
shade10.5でshade形式で出力するとシェーディングがおかしくなりますが、obj形式だと正常にシェーディングされてます。

<立方体を出力してコミスタで取り込んだ場合>

Rippou01
lwo形式、obj形式の場合(正常)

Rippou02
shd(shade)形式、dxf形式の場合(不正)


昨年アップロードしたshade形式のファイルは、シェーディングを正常にするためにパーツを分割したりしたのですが、パーツを分割した場合は3D下描き機能では線が二重になって表示されてしまいます。(3DLTでも多分同じように線が二重になるのではないでしょうか?)
アップデータでshd形式の3Dモデルを読み込んだ際のシェーディングがおかしいバグが修正されるかと思ったのですが、何故かこれは放置されたままですね。
次のバージョンのコミックスタジオで改善するんですかね?

とりあえずdxf形式やshd形式のファイルはコミスタで使う場合はlwoやobj形式に変換してから使った方が良さそうです。


なお、obj形式やlwo形式で出力した3Dモデルでも、辺を意図的に溶かす事ができます。
たいていの3Dソフトではポリゴンメッシュの設定で「スムージングの制限角度」みたいな設定があり、「この設定角度以上の辺は『角』として認識してエッジを立たせ、この設定角度以下は『角ではない』と認識して滑らかにシェーディングする」というのをユーザーが制御できるようになっています。

例えばスムージングの制限角度を「160度(面と面の交差角度が160度以下の辺はスムーズにシェーディングする)」にして出力すると、
Rippou02_2
みたいにlwo形式やobj形式であっても角が立ってないシェーディングとなってしまいます。


また、一部のソフトでは「角を立たせる(エッジクリースあるいはハードエッジ)」「立たせない(エッジスムースあるいはスムースエッジ)」が辺単位で設定して出力できるものもあったりします。
(shadeやimoceaでは残念ながら辺単位での設定は不可。手持ちのソフトではcarraraとxsiで辺単位で設定可能)

Rippou03_2
上記は正面の縦の辺一辺だけをスムースエッジにし、残りの辺はハードエッジにして出力したものです。
これをうまく使えば3DLTレンダリング時に特定の辺(たとえ面と面の交差角度が90度以上であっても)に線を入れる事が可能かもしれません。

|

3Dモデル:リモコンいろいろ その1

コミックスタジオ用3Dモデル リモコンいろいろです。
リモコンパーツセットで作成しました。

今回はTVやDVDレコーダー・BDレコーダー用のリモコンです。

*ココログの制限容量1MBを超えましたので、lzh形式で圧縮してあります。




リモコン001  「remocon001tv.lzh」をダウンロード
Remo001tv1 Remo001tv2
Remo001tv3

リモコン002 「remocon002tv.lzh」をダウンロード
Remo002tv1 Remo002tv2
Remo002tv3



リモコン003 「remocon003tv.lzh」をダウンロード
Remo003tv1Remo003tv2 
Remo003tv3



リモコン004  「remocon004tv.lzh」をダウンロード
Remo004tv1 Remo004tv2
Remo004tv3


リモコン005 「remocon005tv.lzh」をダウンロード
Remo005tv1 Remo005tv2
Remo005tv3


リモコン006 「remocon006dvd.lzh」をダウンロード
Remo006dvd1Remo006dvd2   
Remo006dvd3



リモコン007 「remocon007dvd.lzh」をダウンロード 
Remo007dvd1Remo007dvd2 
Remo007dvd3



リモコン008  「remocon008dvd.lzh」をダウンロード
Remo008dvd1 Remo008dvd2
Remo008dvd3

これ(リモコン008)の下部あたりにある花びら状にならんでるボタンは、ワイヤーフレームがちょっとおかしいので3DLTレンダリングした時に不正な線が出るかもしれません。
その場合は手動で修正してください。m( )m

自分でもオリジナルのリモコンを作ってみたい」という方はリモコンパーツセットのページにあるファイルをダウンロードし、お手持ちの3Dソフトなどで各種パーツ(リモコン本体やボタン、その他)を組み合わせて作ってみてください。

3Dソフトをお持ちでない方は、フリーの3Dソフト「imocea」で組み立ててobj形式で出力するか、あるいはメタセコイアのフリー版で組み立ててmqo形式で保存した後、imoceaや3DACEで読み込んでobjやlwo形式に変換するといいでしょう。
メタセコイアはLE版だと三面図が使えないので、三面図の使える通常版を機能制限(未登録モード)で使うと良いでしょう。
(登録するといろいろなプラグインが使えるので、お金に余裕があるなら登録をおすすめします。)

なお、obj形式出力時に一部のパーツが何故か黒くなってしまった場合はこちらをご覧ください。

慣れれば5分~10分くらいでリモコンを一つ作成できると思います。

|

« 2009年9月 | トップページ | 2010年2月 »