« 2008年9月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

製作メモ:obj形式エクスポート時のバグ?

shade10.5でボタンやパーツを配置してリモコンの3Dモデルを作成し、obj形式で出力してからコミスタで読み込ませると、何故か一部のパーツが黒くなってしまうというバグが起きてしまいます。

Objexptrouble

最初は法線(ポリゴンの向き)が裏返ってるのかな?と思ったのですが、どうやらそうではないようです。
objファイルの出力オプションでマテリアル設定も一緒にエクスポートする・しない両方試したのですが、変化はないようです。

いろいろ試したところ、shadeで一度obj形式で出力したファイルをパートを作ってその中にインポートしなおし、そのパートを選択状態でまたobj形式で出力しなおすと正常に出力されるようです。
(出力か入力の際に「法線(スムーズ)」のチェックを外しておき、最終的に出力の際に「法線(スムーズ)」のチェックは入れた方がいいみたい?)

この症状は他のソフトでも発生する場合があるようです。
(例えばフリーソフトのimoceaというソフトで組み立てた場合も発生)
解決方法は他のソフトでもやはり同じで、不具合の出ているobjファイルを新規シーンに読み込んで、そのままエクスポート(imoceaではエクスポートがないのでファイル形式をobjにして保存)すると不具合はなくなるようです。

|

3Dモデル:リモコンパーツセット

Remo002

TVやDVD・BDレコーダー、オーディオなどのリモコンは本体を何種類か用意し、それに載せるボタンや配置をいろいろ変えればいくつものバリエーションが手軽に作れるかも……という事で、今回は完成品ではなくパーツセットでの配布を行いたいと思います。
3Dソフトをお持ちの場合は、以下のリモコン用のファイルセット(何種類かの本体、ボタン類、装飾パーツがセットになったもの)をダウンロードし、ボタンや装飾を好きなように配置してオリジナルのリモコンを作成してみてはどうでしょうか?

↓ダウンロードは以下よりどうぞ。
・リモコン用ファイル(本体、ボタン類、装飾パーツのセットです)
「remoconset.lzh」をダウンロード

Remobig_3
↑よろしければカタログ画像もどうぞ。
これを見ながら使用するパーツを選択すると作業効率が上がると思います。


3Dソフトをお持ちでない方、自分で組み合わせる時間がない方は以下より完成品の3Dモデルをダウンロードしてください。

3Dモデル リモコンいろいろ その1

3Dモデル リモコンいろいろ その2

*パーツについて*
一部のパーツは容量をおさえるためにポリゴン数の少ないモデル(ファイル名の末尾に「low」と付いてる)も用意してあります。
ローポリモデルは大きく表示すると輪郭がカクカクする場合があるので、特に問題がない場合は、ポリゴン数多めの方を使ってください。

ファイル名末尾に「bun」と付いてるのは、一部の線がきちんと出るようにパーツを分割したバージョンです。
分割してないモデルでも3DLTできちんと意図したところに線がレンダリングされるなら、分割してないパーツの方を使ってください。
(分割パーツで出した線は3DLTで汚くレンダリングされる場合があるかも。)

各パーツは縦横比を変えたりするとよりバリエーションを増やせると思います。


収録パーツの紹介

<ボタン類>

ボタンは本体にめりこませてもかまいません。
基本的に横から見た時の高さが一定になるように調整しましょう。
3Dソフトでリモコンを組み立てる場合は、(まずリモコン本体を読み込んでから)「ボタンをインポートする」→「ボタンが小さい場合はxyzに均等に拡大する」→「横から見た時の高さをあわせる」→「あとは真上から見ながら上下左右の縦横比を変えたり、いろいろ配置を考える」という手順でボタンを置いていくといいでしょう。

Rimop001
・button001low.obj
丸ボタン(ローポリバージョン)


Rimop002
button001maru.obj
丸ボタン
ポリゴン数が多めで輪郭が滑らかです。


Rimop003
button002low.obj
エッジを丸くした丸ボタン(ローポリバージョン)


Rimop004
button002lowbun.obj
エッジを丸くした丸ボタン(ローポリ・分割バージョン)


Rimop005
button002maru.obj
エッジを丸くした丸ボタン


Rimop006
button002marubun.obj
エッジを丸くした丸ボタン(分割バージョン)


Rimop007
button003low.obj
かなり丸っこい丸ボタン(ローポリバージョン)


Rimop008
button003maru.obj
かなり丸っこい丸ボタン


Rimop009
button004sikaku.obj
四角ボタン


Rimop010_2
button005sikaku.obj
角を丸めた四角ボタン


Rimop011
button006low.obj
天辺も丸めた四角ボタン(ローポリバージョン)


Rimop012
button006lowbun.obj
天辺も丸めた四角ボタン(ローポリ・分割バージョン)


Rimop013
button006sikaku.obj
天辺も丸めた四角ボタン


Rimop014
button006sikakubun.obj
天辺も丸めた四角ボタン(分割バージョン)


Rimop015
button007sikaku.obj
四角ボタンの角を丸めたボタン


Rimop016
button008low.obj
ボタン007の天辺を丸めたもの(ローポリバージョン)


Rimop017
button008sikaku.obj
ボタン007の天辺を丸めたもの


Rimop018
button009sikaku.obj
かまぼこ型ボタン


Rimop019
button010sankaku.obj
三角型ボタン


Rimop020
button011sankaku.obj
角を丸めた三角型ボタン


Rimop021
button012sankaku.obj
角をかなり丸めた三角型ボタン


Rimop022
button013sankaku.obj
角と天辺を丸めた三角型ボタン


Rimop023
button013sankakubun.obj
角と天辺を丸めた三角型ボタン(分割バージョン)


Rimop024
button014daikei.obj
台形型ボタン


Rimop025
button015daikei.obj
角を丸めた台形型ボタン


Rimop026
button016ring.obj
リング状に並んだボタンその1


Rimop027
button017ring.obj
リング状に並んだボタンその2


Rimop028
button018sonota.obj
扇状に湾曲したボタン


Rimop029
button019zyuuzi.obj
十字型ボタン


Rimop030
button020zyuuzi.obj
角を丸めた十字型ボタン


Rimop031
button021zyuuzi.obj
天辺も丸めた十字型ボタン


Rimop032
button022tate2.obj
縦型のボタン
「チャンネル」や「音量」のボタン用。
(音量ボタンなどは他の横型のボタンを縦にして使うのもありだと思います。)


Rimop033
button022tate.obj
一つ前のボタンに比べて、中央の横線が3DLTレンダリングで出にくい(と思われる)タイプ


Rimop034
button023tate.obj
縦型ボタンその2


Rimop035
button024sonota.obj
その他のボタン


Rimop036
button025sonota.obj
ボタン024の天辺を丸めたもの。


Rimop037
button026sonota.obj
丸くへこんでるボタン


Rimop038
button027sonota.obj
ボタン026の天辺を丸めたもの。


Rimop039
button027sonotabun.obj
ボタン026の天辺を丸めたもの(分割バージョン)


Rimop040
button028sankaku.obj
三角型矢印ボタン


Rimop041
button029sankaku.obj
三角型矢印ボタンの角を丸めたもの


Rimop042
button030sankaku.obj
円弧状のボタン



<液晶や装飾用パーツ>

板状のポリゴンです。
リモコン本体の平らなところに並べて装飾や液晶モニター・あるいは電池カバー用の線を表現するのに使います。
リモコンの表面からかすかに浮かすと、この板状に線がレンダリングされます。
まったく同じ高さだと3DLTレンダリングでは線が表示されなかったりするし、浮かしすぎると斜めや横から見た時に変になります。
*片面ポリゴン(真上から見るとポリゴンが見えるが、下から見るとポリゴンが見えない)となってるため、リモコンの側面や底面に貼る場合は90度あるいは180度回転してから使用してください。
(あるいはコミスタ側で「両面(ポリゴン)」のスイッチをONにするとか)



Rimop043
ekisyou001sikaku.obj
四角板です。


Rimop044
ekisyou002sikaku.obj
四角い板の角を丸めたものです。


Rimop045
ekisyou003maru.obj
丸い板です。


Rimop046
rimomark001yazi.obj
矢印型の板です。


Rimop047
rimomark002sankaku.obj
三角型の板です。


Rimop048
rimomark003sankaku.obj
三角矢印型の板の角を丸めたものです。


Rimop049
rimomark004hanen.obj
潰れた半円型の板です。


Rimop050
rimomark005hanen.obj
004の角をちょっと丸めたもの



<リモコンの足>

リモコンの裏も作りこみたい人は足をどうぞ。
本体裏側にめりこませてください。
片面表示の場合、上から見るとポリゴンが欠けてるように見えますが、足は上からは見ないので特に問題はありません。

Rimop051
rimoasi001kyuu.obj
球型


Rimop052
rimoasi002entyu.obj
円柱の下半分を球状にしたもの。


Rimop053
rimoasi003sikaku.obj
やや四角っぽい足


Rimop054
rimoasi004sikaku2.obj
底辺を平らにしたもの。


<スティック>

スティック付のリモコンを作るためのパーツ。
種類が少ないので、お手持ちの3Dソフトで回転体を作成して種類を増やすのもいいでしょう。

Rimop055
rimojog001.obj
スティックその1


Rimop056
rimojog002.obj
スティックその2


Rimop057
rimojog003.obj
スティックその3


<リモコン本体>

組立ての時だけ表面材質(マテリアル)設定でリモコンの本体にだけ色をつけておくと、どこに板ポリゴン(装飾パーツ)を配置してるか見やすくなると思います。


Rimop058
rimobase001.obj
四角い板型


Rimop059
rimobase002.obj
角を丸めた四角い板型


Rimop060
rimobase003.obj
角を丸め、天辺と底辺も丸めたもの。


Rimop061
rimobase004.obj
側面に溝を入れたもの。


Rimop062
rimobase005.obj
逆かまぼこ型


Rimop063
rimobase006.obj
逆かまぼこ型で手前の辺が斜めになってるもの。


Rimop064
rimobase007.obj
ベース006の外周を押し出して分割したもの


Rimop065
rimobase008.obj
四角い板の上の方の角はほどほどに、下の方の角はかなり丸めたもの。


Rimop066
rimobase009.obj
ベース008の天辺と底辺のエッジを丸めたもの


Rimop067
rimobase010.obj
ベース009の側面に溝を入れたもの


Rimop068
rimobase011.obj
角型


Rimop069
rimobase012.obj
ベース011の外周を押し出して分割したもの


Rimop070
rimobase013.obj
ベース012の頭の方に彫りを入れたもの


Rimop071
rimobase014.obj
ベース013の手前側の面を斜めに傾けたもの


Rimop072
rimobase015.obj
末広がりな感じ


Rimop073
rimobase016.obj
ベース015のパーツを分割してサイドに線を入れたもの。

|

2009年9月27日 (日)

3Dモデル:バーチェアB

コミックスタジオ用3Dモデル「バーチェアB」です。

Barchairb01
Barchairb02

Barchairb03

3Dモデル「バーチェアB」のダウンロードは以下よりどうぞ。

「barchair001b.lzh」をダウンロード

3Dモデルのファイル形式はobj形式となっています。
加工する場合はobj形式対応のソフトで加工を行ってください。

|

3Dモデル:バーチェアA

コミックスタジオ用3Dモデル「バーチェアA」です。
シンプルなデザインのバーチェアです。

Barchaira01
Barchaira02
Barchaira03

3Dモデル「バーチェアA」のダウンロードは以下よりどうぞ。

「barchair001long.lzh」をダウンロード

3Dモデルのファイル形式はobj形式となっています。
加工する場合はobj形式対応のソフトで加工を行ってください。

|

« 2008年9月 | トップページ | 2009年10月 »